NYダウが史上最大の下げ幅で暴落、CME円建ては16,200円台へ

3月17日、火曜日になりました。

週明け16日、月曜日の日経平均は17,002.04円、-429.01円の超大幅続落です。

前場は小幅反発で寄り付き、直ぐにマイナス圏まで値を無くしましたが、早い時間にプラス圏まで値を戻し、前引けまで前日の終値をはさんでもみ合っています。

後場は中盤まで前日の終値をはさんでもみ合っていましたが、後半にかけてマイナス圏まで値を無くしています。直ぐにプラス圏に浮上しましたが、その後は大引けまで大きく値を無くし下げ幅を広げながら引けました。

NYダウはです。20,188.52ドル、-2,997.10ドルまで暴落して反落です。

20,910ドル台で寄り付き後にサーキットブレーカーが発動、再開後、前半にやや下げ幅を縮めましたが、中盤、後半は徐々に下げ幅を広げ、過去最大の下げ幅を記録し引けました。

前日のFOMCの金利引き下げで好材料出尽くしになったようです。

ナスダックも暴落して反落です。

ドル円は107円後半から105円前半まで円高方向に動いた後、切り返し106円をはさんでもみ合っています。6:29現在、105.9円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが16,215円、ドル建ては16,470円で日経平均日中値を超大幅に下回りました。


今日の日経平均は超大幅続落で始まりそうです。

日銀が1日前倒した会合で追加緩和を決定しています。

会合のニュースソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-15/Q76K3UDWX2PS01

発表後の後場後半は日経平均は好材料出尽くしになったようで、大きく下げて引けています。


16日、夜にG7首脳が初テレビ会議を行っています。

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.sankei.com/politics/news/200317/plt2003170003-n1.html

安部首相は、東京五輪、パラリンピックについて「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証として、完全な形で実施することで一致した」と述べていますが、会議で開催時期については明言していません。

完全な形というのは延期のことかもです。(汗


調整が長引きそうそうですが、暴落で利が吹っ飛んでいても、残った資金はどこかに投資されるので新型コロナウィルスが収束される数ヶ月後(もっとかも)のチャンスを待ちたいです。(望


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント