週明けの日経平均は、寄り前のCMEやNYダウ先物、ドル円の動きに注意

3月16日、月曜日になりました。

先週末13日、金曜日の日経平均は17,442.50円まで暴落、-1,117.13円の続落です。

前場は18,200円を割って大幅続落で寄り付き、中盤に16,730円台まで暴落しています。

後半は下げ幅を縮め、前引けは17,060円台で引けました。

後場は17,000円を小幅に割り込んで寄り付きま、大引け、1時間ほど前までに18,100円台まで徐々に下げ幅を縮めていましたが、大引けにかけて大きく下げ幅を広げ引けました。

NYダウは23,185.62ドルまで暴騰、 +1,985.00ドルの反発です。

21,970ドル台の超大幅反発で寄り付きましたが、前半は徐々に上げ幅を縮め21,300ドル台まで値を無くしています。

中盤は22,000ドルを超えるまで値を戻し、後半は22,000ドルをはさんで前後し、引けにかけて22,900ドルを超えるまで上げ幅を広げ引けました。

引け半時間ほど前からトランプ大統領の、新型コロナウィルス対策で国家非常事態を宣言し、対策に500億ドルの支出を発表し、引けにかけた大きな買い材料になったようです。

国家非常事態宣言のニュースソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.bbc.com/japanese/51883975

ナスダックも引けにかけて暴騰し反発です。

ドル円は104円後半から108円を超えるまで円安方向に動いた後、108円をはさんでもみ合い、107.9円台で先週の取引を終えています。

CMEは円建てが17,910円、ドル建ては18,120円で日経平均日中値を超大幅に上回って先週の取引を終えました。


今週の日経平均は大幅反発で始まりそうです。

14日(土)の夕方の記者会見で、安倍首相は現時点で新型コロナウィルスの『緊急事態』ではないと話していますが、

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000047-mai-pol

欧州では新型コロナウィルス感染が広がり、同じ14日(土)にスペインやフランスが非常事態宣言をしています。

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.bbc.com/japanese/51893583

15日(日)以降も欧州や世界で入国制限や国境封鎖をする国が増えています。

先週末はNYダウが暴騰、CMEが大きく上げ、ドル円が円安方向で上げていますが、寄り前のCMEやNYダウ先物、ドル円の動きに注意したいです。

下げが続けば新型コロナウィルスの影響が少ない銘柄の、リバウンド狙いの小すくいのチャンスになるかもです。(願


今週もガンバって行きましょう♪

この記事へのコメント