CMEは16,000円台へ、NYダウは史上最大の下げ幅で連日の暴落

3月13日、金曜日になりました。

12日、木曜日の日経平均は18,559.63円、-856.43円の超大幅続落です。

前場は19,060円台の超大幅続落で寄り付き、前半は19,000円をはさんでもみ合い、中盤以降は前引けま大きく下げ幅を広げ、18,430円台で引けました。

後場は18,370円台で寄り付き、前半は18,810円台まで下げ幅を縮めましたが、後半は徐々に下げ幅を広げ、18,550円台で引けました。

NYダウは史上最大の下げ幅で21,200.62ドルまで暴落、 -2,352.60ドルの続落です。

22,180ドル台の超大幅反落で寄り付いた後、サーキットブレーカーが発動しています。

再開後に21,370ドル台まで下げ幅を広げ、前半は21,600ドルをはさんで、広いレンジでもみ合っています。

中盤に一時22,660ドル台まで下げ幅を縮めましたが、その後は引けまで下げ幅を広げ引けました。

12日の夜にトランプ大統領がTV演説で、新型コロナウィルス対策で欧州からの入国禁止措置を発表し、経済への影響懸念が大きな売り材料になったようです。

トランプ大統領のニュースソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.bbc.com/japanese/51846913

ナスダックも暴落し続落です。

ドル円は103円後半から105円後半まで円安方向に動いた後、やや円高方向になっています。7:02現在、104.7円台で取引されています。

CMEは6:42現在、円建てが16,620円、ドル建ては16,980円で日経平均日中値を大幅に下回りました。

※円建てとドル建ての差異は、「株安・ドル安」に動くと見込まれる場合、ドル建てが円建てよりも高く取引される(逆方向の場合は逆)ため


詳しい解説はこちらのサイトへ
 ↓  ↓
https://www.dir.co.jp/report/column/20150105_009297.html


今日の日経平均は大幅続落で始まりそうです。

米政権の新型コロナウィルス対策は、世界同時株安を一層深刻にしたようで、下げたい筋は笑いが止まらないかもです。(汗

今日の寄り付きで、上げたい筋のメジャーSQ反撃に期待したいです。(願

米国株式市場はバブル崩壊かもで日経平均も連動安になりそうですが、心折れず中長期の押し目買いや打診買い、リバウンド狙いの小すくいのチャンスにしたいです。(願


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント