日経平均は24,000円回復、CMEは23,800円台へ

1月23日、木曜日になりました。

22日、水曜日の日経平均は24,031.35円、+166.79円の反発です。

前場は小続落で寄り付きましたが、直ぐにプラス圏に浮上し、中盤まで徐々に上げ幅を広げ、後半にややもみ合った後、前引けまで上げ幅を広げ引けています。

後場は24,000円を超えて寄り付き、大引けまで24,000円台を挟んでもみ合い引けました。

NYダウは29,219.30ドル、−9.77ドルのほぼ横ばいの反落です。

小反発で寄り付き、前半は29,300ドルを挟んでもみ合いましたが、中盤にかけて値を無くし、中盤は前日の終値付近でもみ合い、一時29,180ドル台のマイナスになっています。

後半にかけて29,270ドル台まで値を戻しましたが、徐々に上げ幅を縮め引けました。

利益確定売りが出たようです。

ナスダックは取引中の最高値を、10営業日連続して小続伸です。

ドル円は110円台から109円後半へ円高方向に動いています。6:30現在、109.8円台で取引されています。

CMEは6:15現在、円建てが23,840円、ドル建ては23,850円で日経平均日中値を小幅で下回っています。


今日の日経平均は小幅反落で始まりそうです。

昨日の日経平均は後場にあっさり24,000円を回復しています。

NYダウ先物の上昇や上海総合がプラスが買い材料になったようです。

22日のCMEが円高方向のドル円に連動安になっているので、寄り前の動きを気にしたいです。

新型肺炎のコロナウイルス拡散で、上海総合や香港HANG SENGが大きく下落しています。

下げたい筋が一気に仕掛けてくるかもで、気を付けたいです。


中国の新型肺炎対策が後手になっているようです。

ソースはこちら
 ↓  ↓ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000145-jij-cn

昨日は売り仕掛けは続かなかったようですが、しばらく注意したいです。


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント