香港HANG SENGや上海総合が大きく下落

11月12日、火曜日になりました。

11日、月曜日の日経平均は23,331.84円、−60.03円の小反落です。

前場は小続伸で寄り付き、前半はこの日の高値をもみ合い、中盤にかけてマイナス圏まで値を無くし、後半は前引けにかけて下げ幅を広げ引けました。

後場はマイナスで寄り付き、ほぼ、23,300円台前半の下値圏をもみ合い、大引け付近からやや下げ幅を縮め引けました。

NYダウは27,691.49ドル、ほぼ横ばいの+10.25ドル、史上最高値を更新して続伸です。

27,600ドルを割ってマイナスで寄り付き、前半は27,500ドル後半をもみ合っています。

中盤にかけてプラス圏まで値を戻し、中盤、後半は前日の終値付近の高値圏をもみ合い、引け直前はやや売りに押されましたが、プラスで引けました。

利益確定売りが出たようですが、ボーイングが急騰し下支えになったようです。

ナスダックは小反落です。

ドル円は109円を挟んで前後しています。6:21現在、109.0円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが23,365円、ドル建てが23,380円で日経平均日中値を上回リました。


今日の日経平均は、小反発で始まりそうです。

昨日はアジア株式市場がほぼ全面安になっています。

特に香港HANG SENGや上海総合が大きく下落しています。

香港のデモが大きな材料になっているようです。

実弾3発が発射され、撃たれた学生が重体になっています。

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201911110000706.html

米中貿易問題以外でも中共政府は頭が痛いかもです。

14日に中国10月小売売上高にの発表後の動きに注目したいです。


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント