NYダウが史上最高値更新、CMEは23,500円超え

11月8日、金曜日になりました。

7日、木曜日の日経平均は23,330.32円、+26.50円の小続伸です。

前場は小反落で寄り付き、前半の早い時間にプラス圏まで値を戻しています。

中盤は前日の終値を挟んで前後し、後半にかけてマイナス圏まで値を無くし、前引けは23,290円台で引けました。

後場もマイナスで寄り付き、引け付近まで23,200円台後半を狭いレンジでもみ合っていましたが、引け付近から値を戻し、大引けはプラスで引けました。

NYダウは27,674.80ドル、史上最高値を更新し+182.24ドルの反発です。

小続伸で寄り付き、前半に27,700ドル台まで上げ幅を広げ、後半の引け1時間半前まで高値圏をもみ合っています。

その後引けまでやや売りに押されましたが、27,600ドル台で引けました。

米中貿易協議で、中国側が関税の段階撤廃で合意の報道が買い材料になったようですが、ホワイトハウス内では関税の段階撤廃に強い反対があり最終合意には達していないとの報道も出ているようです。

米中合意のニュースソースはこちら
 ↓  ↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-12509145-bloom_st-bus_all

ナスダックは小反落です。

ドル円は109円前半へ円高方向に推移しています。6:37現在、109.3円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが23,545円、ドル建てが23,555円で日経平均日中値を大きく上回っています。


今日の日経平均は、大きめの続伸で始まりそうです。

CMEが23,500円を超えてきました。

NYダウが上昇、ドル円が円安方向で地合いも良いようです。

先週の週間売買状況では、個人投資家は売り越し。外国人投資家は買い越しになっています。

10月に安倍政権が景気や災害の経済対策を打ち出しているので、内需関連銘柄に買いが入っているかもで、下げたい筋は仕掛けにくいかもです。

週末で利益確定売りも出そうですが、上げたい筋が23,500円を超えてからもガンバってくるかもです。(望


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント