英国とEUが修正離脱案で合意

10月18日、金曜日になりました。

17日、木曜日の日経平均は22,451.86円、−21.06円の小反落です。

前場は小反落で寄り付きましたが、前半の早い時間プラス圏に浮上し、前引けまでは22,500円を挟んでもみ合いました。

後場は前日の終値付近のマイナスで寄り付き、やや売りに押されましたが値を戻し、後半まで22,400円後半を狭いレンジでもみ合い、大引け付近で前日の終値付近を前後し、マイナスで引けました。

NYダウは27,025.88ドル、+23.90ドルの小反発です。

27,000ドルを超えて小反発で寄り付き、前半に27,100ドル付近まで上げ幅を広げましたが、中盤にかけて27,000ドルを割る、マイナス圏まで値を無くしています。

中盤でプラス圏まで値を戻し、後半はやや上げ幅を広げています。引け一時間前付近から引けにかけて上げ幅を縮めましたが、プラスで引けました。

英国とEU(欧州連合)が修正離脱案で合意したことが下支えになったようです。

欧州株式市場下げる中、英国FTSE100は上げています。

ナスダックは小幅反発です。

ドル円は108円後半を円高方向に推移し、6:26現在、108.6円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが22,525円、ドル建ては22,540円で日経平均日中値を上回っています。


今日の日経平均は小続伸で始まりそうです。

昨日の日経平均が前日のNYダウが下げ、17日の上海総合が軟調な中、僅かですが続伸しています。

IMFの最新世界経済見通しで日本がわずかに上方修正され、他の先進諸国は下方修正になっていたので、上げたい筋の背中を押してくれたかもです。

上げたら落とすで、週末を狙った下げたい筋の仕掛けに注意かもです。(汗


英国がEU(欧州連合)と修正離脱案で合意しています。

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51094340X11C19A0MM8000/

今回も英国議会の承認が鍵になりそうです。


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント