米国の対中第4弾 追加関税が一部見送り

8月14日、水曜日になりました。

13日、火曜日の日経平均は20,455.44円、−229.38円の大幅続落です。

前場は大幅に下げて寄り付き、前場、後場ともに20,400円付近をもみ合いました。

NYダウは26,279.91ドル、+372.54ドルの超大幅反発です。

小続落で寄り付きましたが、すぐに26,300ドルを超えるまで上げその後は出来高を伴って、引けまで高値圏をもみ合いました。

対中制裁関税のうち、追加関税を拡大する制裁措置「第4弾」の、一部適用の延期発表が買い材料になったようです。

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48533030T10C19A8MM8000/

ナスダックも超大幅反発です。

ドル円は105円前半から一気に円安方向に動き、106円半すぎをもみ合っています。8:38現在106.6円台で取引されています。

CMEは8:29現在、円建てが20,750円、ドル建ては20,750円で、日経平均日中値を大幅に上回っています。


今日の日経平均は大幅反発で始まりそうです。

NYダウ、ナスダックが超大幅に反発し、ドル円が円安方向、CMEが大幅連動で昨日と劇的に地合いが良くなっています。

欧州株式市場もほぼ全面高になりました。

アルゼンチンも+10%超のリバウンドです。(驚

地政学的には香港のデモへの、中共政府の介入が気になるところです。

夏期休暇で外国人投資家が不在の中、お盆休みのデイトレードが増えているかもです。(笑


ドルウォンは1,220ウォン台までウォン安に動いた後、1,206ウォン台までウォン高になっています。

韓国銀行のガンバったようですが、ハゲタカファウンドがわざとやっていそうです。(汗


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント