ドル円が107円台、CMEが21,300円を割り込む

7月18日、木曜日になりました。

17日、水曜日の日経平均は21,469.18円、-66.07円の小続落です。

前場は21,500円を割って寄り付き、中盤に下げ幅を広げ21,400円を割り込みましたが、後半は下げ幅を縮め21,450円を超えて引けています。

後場は21,450円前後を狭いレンジで大引けまでも見合い、後半にやや下げ幅を縮めましたが、大引けは21,500円を回復できず引けました。

NYダウは27,219.85ドル、-115.78ドルの小続落です。

マイナスで寄り付きやや下げ幅を広げた後、前日の終値を僅かに超えてプラスになりましたが、前半の早い時間に27,300ドルを割り込むまで下げ幅を広げ、中盤にかけて一時、27,300ドルを回復しています。

中盤は27,300ドルを割って狭いレンジをもみ合い、後半は引けまで徐々に下げ幅を広げました。

米中貿易問題で企業決算の悪化懸念が、売り材料になったようです。

ナスダックは小幅続落です。

ドル円は108円前半から107円後半へ円高方向に切り返しています。7:56現在、107.9円台で取引されています。

CMEは7:30現在、円建てが21,295円、ドル建てが21,295円で日経平均日中値を大きめに下回りました。


今日の日経平均は大きめので続落で始まりそうです。

ドル円が円高方向に切り返し、108円を割っています。

NYダウが続落でドル円にも連動して、CMEが下げています。

寄り前の動きに注意したいです。

昨日の日経平均は寄り付きからあっさりと21,500円を割り、前場の中盤にこの日の最安値まで下げています。

その後は上海総合が下落しても下げ幅を縮めているので、参院選の投票前に政府自民党の景気対策の催促で、上げたい筋が揺さぶってきたかもですが(汗、今日も下げてくればリバウンドで小すくい狙いの銘柄も出てきそうです。

様子を見ながらチャンスを待ちたいです。(願

今日も頑張って行きましょう♪


この記事へのコメント