SQ後に売り仕掛けが入るかも

6月14日、金曜日になりました。

13日、木曜日の日経平均は21,032.00円、-97.72円の小幅反落です。

前場は21,200円を割って寄り付き、前半はもみ合っていましたが、後半は売りに押され21,000円を割って引けました。

後半は大引けまで21,000円付近をもみ合い、21,000円を維持して引けています。

NYダウは26,106.77ドル、+101.94ドルの小反発です。

26,000ドルを超えて寄り付き前半は売りに押されましたが、中盤は26,100ドルを超えるまで上げ幅を広げました。

後半はやや売り押されましたが、引け直前付近から買いが入り、26,100ドルを維持して引けています。

原油先物が51ドル付近まで下げ、買い材料がなかったようです。

ナスダックも小幅反発です。

ドル円は108円前半をやや円高方向になりました。6:48現在、108.3円台で取引されています。

CMEは7:59現在、円建てが21,000円、ドル建てが21,035円で日経平均日中値をほぼ同水準になりました。


今日の日経平均は小反発で始まりそうです。

昨日は上海総合が大きく上げていますが、日経平均は下げています。

上げさせたくない筋がガンバっているようです。

NY株式市場が上げていますが、寄り前のCMEが21,000円を維持するか注目したいです。

SQ後に週末利益売りに乗った仕掛けがあるかもですが、日銀のETF買いの下支えに期待したいです。

7月の参院選まで政府自民党は、アベノミクスの柱の株価が下げるとマズいかもで、新たな景気対策を出してガンバってほしいです。(願


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント