CMEが日経平均日中値を小幅に下回る

6月13日、木曜日になりました。

12日、水曜日の日経平均は21,129.72円、-74.56円の小反落です。

前場は小反落で寄り付きましたが、前半にはプラス圏に浮上しています。後半は前引けまで21,200円付近をもみ合って引けました。

後場は21,200円を超えて寄り付き、しばらくもみ合った後、大引けまで徐々に値をなくしました。

NYダウは26,004.83ドル、-43.68ドルの小続落です。

僅かに下げて寄り付き、引けまで狭いレンジで売りに押され、もみ合いました。

原油先物が51ドル付近まで下げ、買い材料がなかったようです。

ナスダックも小続落です。

ドル円は108円前半をやや円安方向でもみ合っています。8:10現在、108.4円台で取引されています。

CMEは7:59現在、円建てが21,045円、ドル建てが21,040円で日経平均日中値を小幅に下回っています。


今日の日経平均は小反発で始まりそうです。

昨日は上海総合が下落していますが、「SQ週の水曜日」でも大きく荒れることなく終わってくれました。

SQに向けて下げさせたくない筋がガンバってくれたようです。

明日の週末は、下げたい筋がSQ後に仕掛けてくるかもで、気を付けたいです。(汗


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント