G20までは大きな動きはないかも

5月31日、金曜日になりました。

30日、木曜日の日経平均は20,942.53円、-60.84円の小続落です。

前場は小幅に下げて寄り付き、20,800円台の狭いレンジで前後し安値で引けました。

後場は20,900円台まで徐々に下げ幅を縮め引けました。

NYダウは25,169.88ドル、+43.47ドルの小反発です。

+10ドル超のプラスで寄り付き狭いレンジでプラス圏とマイナス圏を推移しました。

前日は米中貿易問題でレアアースが大きな売り材料になっていますが、金融銘柄などに買い戻しが入ったようです。

ナスダックも小反発です。

ドル円は109.9円台まで円安方向に動いた後、円高方向に切り返し、7:29現在、109.6円台で取引されています。

CMEは7:21現在、円建てが20,950円、ドル建てが20,955円で日経平均日中値をやや上回っています。


今日の日経平均は小反発で始まりそうです。

欧米市場がやや持ち直しています。

月末が重なっているので、金融オプションで下げたい筋と上げたい筋が互いにガンバって来そうです。

100円以上下げれば日銀のETF買いもありそうで、下げたい筋は仕掛けにくいかもで、ここは上げたい筋を応援したいです。(笑


来月はG20が大阪であります。

個別の首脳会談も予定されそうで、イベント終了までは大きな動きはなさそうですが、トランプ大統領のツイッター砲に振り回されるかもです。(汗


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント