週明けのナスダックが大幅続落

5月21日、火曜日になりました。

週明け20日、月曜日の日経平均は21,301.73円、+51.64円の小続伸です。

前場は寄り付き後21,400円を超えるまで上げましたが、直ぐに切り返し21,300円を割り込んでいます。

中盤から後半は21,350円を挟んで狭いレンジで前後し、前引け付近から上げ幅を縮めました。

後場は21,300円台前半を前半から中盤はやや上げ、中盤から後半はやや上げ幅を縮め引けました。

NYダウは25,679.90ドル、−84.10ドルの小続落です。

マイナスで寄り付き、直後に25,600ドルを割り込みました。

その後下げ幅を縮め、後半の早い時間まで25,700ドルを挟んでもみ合い、引け付近で25,610ドル台まで下げ幅を広げましたが、引けにかけてやや下げ幅を縮めました。

ナスダックはアップル株が大きく売られ、大幅続落です。

ドル円は110円前半から一時、109円台まで円高方向になりました。6:30現在、110.0円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが21,170円、ドル建ても21,170円で日経平均日中値を下回りました。


今日の日経平均は小幅反落で始まりそうです。

昨日は、国内の1-3月のGDP速報が好調で下支えになりましたが、週明けの欧州株式市場がおおむね下げ、米株式市場も下げ、ドル円が円高方向と、地合いが悪くなっています。

上げて落とすには、日経平均は上げ幅が小さいですが、下げたい筋の仕掛けもあるかもで引き続き注意かもです。(汗


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント