寄り前の国内GDP速報に注意

5月20日、月曜日になりました。

先週末17日、金曜日の日経平均は21,250.09円、+187.11円の大きめの反発でした。

NYダウは25,764.00ドル、−98.68ドルの小反落、ナスダックは大幅反落でした。

ドル円は円安方向の110.0円台で、CMEは円建てが21,205円、ドル建てが21,220円で日経平均日中値を下回って先週末の取引を終えました。


今週の日経平均は小反落で始まりそうです。

先週末の日経平均は反発で引けていますが、その後の欧米の株式市場は下げ、CMEも連動安になっています。

先々週は個人投資家が大きく買い越し、外国人投資家は小さく売り越しています。

今日は寄り前の8:50に、国内の1-3月のGDP速報公表があります。

景気減速感が出てくれば、消費税増税先送りの催促相場を狙って、しばらく売りが続くかもです。(汗


今週は22日に米FOMC議事要旨(ベージュブック)の発表があります。リスク回避の円買いになるかもで注意したいです。

週末25日は米トランプ大統領が来日します。ツイートにも気を付けたいです。


今週もガンバって行きましょう♪

この記事へのコメント