週末と連休前で利益確定の売りが出そう

1月11日、金曜日になりました。

10日、木曜日の日経平均は20,163.80円、−263.26円の大幅反落です。

マイナスで寄り付き、前引けまで下げ幅を徐々に広げ、後場は安値圏をもみ合い、大引けにかけて売りに押されました。

NYダウは24,001.92ドル、+122.80ドルの小幅続伸です。

マイナスで寄り付き、前半はこの日の最安値まで下げましたが、中盤は前日の終値を超えてもみ合いました。

後半はマイナス圏からプラス圏に切り返し、売り買い交錯しながら徐々に、上げ幅を広げて引けています。

ナスダックは小続伸です。

ドル円は108円前半を円安方向に推移しています。6:17現在、108.4円台で取引されています。

CMEは6:09現在、円建てが20,335円、ドル建ては20,370円で、日経平均日中値を上回って取引されています。


今日の日経平均は、小幅反発で始まりそうです。

ドル円がやや円安方向になり、CMEが上向いています。

ザラ場にこの動きが続けばリバウンドになりそうですが、週明け14日が「成人の日」で東京株式市場は休場になるので、利益確定の売りに下げたい筋が先物を使って仕掛けてくるかもで、気を付けたいです

連休明けも、15日以降に英国のEU離脱合意案の議会承認の採決がありそうで、結果によっては金融銘柄を使って売り仕掛けがあるかもで、上値追いに危険かもです。

下げればリバウンド狙いのチャンスかもです。(願


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント