ドル円が108.0円台まで急激に円高方向へ

1月10日、木曜日になりました。

9日、水曜日の日経平均は20,427.06円、+223.02円の大幅続伸です。

前場後半から一気に上げ幅を広げ、後場前半に300円近く上げ幅を広げましたが、売り買い交錯しながら徐々に上げ幅を縮めました。

NYダウは23,879.12ドル、+91.67ドルの小続伸です。

前半は大きく上げた後、一旦売られました。中盤、後半は高値圏で売り買いが交錯し、引けにかけて売りに押されています。

米連邦準備制度理事会(FRB)の今年の想定利上げ回数が、市場の思惑より多く、売り材料になったようです。

ナスダックは小幅続伸です。

ドル円は109円付近から円高方向に切り返し、108円前半まで急激に円が買われた後、108円付近でもみ合っています。6:23現在、108.0円台で取引されています。

CMEは6:14現在、円建てが20,250円、ドル建ては20,295円で、日経平均日中値を下回って取引されています。


今日の日経平均は、小幅反落で始まりそうです。

米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した、今年に想定する利上げ回数従来が、3回からが2回となりに減少しましたが、市場はもっと少ないと予想していたので、NYダウは値幅の大きい展開になり、円が大きく買われました。

NYダウが上げても、ドル円が円高で、CMEが下げ、せっかくの地合いが悪くなりそうで、下げたい筋は売りの、上げたい筋は振り落としの材料に使ってくるかもです。(汗

日経平均が20,250円を抜けたので、21,000円上げまでと期待していますが、今日はお預けになりそうですが、大きく下げればリバウンド狙いのチャンスになるかもです。(望


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント