米中関係不透明で、NYダウが超大幅続落

12月8日、土曜日になりました。

7日、金曜日の日経平均は21,678.68円、+117.06円の小幅反発です。

前場は売りに押され徐々に値を無くしましが、後場は上値追いで下げ幅を縮めています。

NYダウは24,388.34ドル、−558.72ドルの超大幅続落です。

ナスダックは超大幅反落です。

ファーウェイの最高財務責任者が逮捕の報道で、貿易問題を含め米中関係が不透明になっていることも、売り材料になったようです。

米中首脳会談が行われた12月1日に、逮捕されていたことも驚きです。

ソースはこちら
 ↓  ↓
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46478153



ドル円は112円後半を前後し、112.6円台で今週の取引を終えました。

CMEは6:28現在、円建てが21,345円、ドル建てが21,350円で、日経平均日中値を大きく下回っています。


今週の日経平均は小幅反発で終えました。

NYダウ、ナスダックが大きく下げています。

日経平均は反発していますが、下げたい筋が週末に上げておいて、週明けに大きく落とすでやられた感じです。

上げたい筋がガンバってないのは、早めのクリスマス休暇に入っているのかもです。(笑

来週はメジャーSQで、荒れそうな展開が続きそうです。

クリスマス休暇を取っていない、上げたい筋のガンバりに期待です。


今日も頑張って行きましょう♪

この記事へのコメント