メルカリは横ばい、徐々に出来高が減る

7月12日になりました。

11日、水曜日の日経平均は21,932.21円、-264.68円の大幅反落です。

前場後半にー450円超下げましたが、後場は下げ幅を縮めました。

NYダウは24,700.45ドル、-219.21ドルの反落です。

終始、安値圏で推移しました。

ナスダックは小幅反落です。

ドル円は円安方向に切り替えし、一時112円まで円が売られました。7:33現在、111.9円台で取引されています。

CMEは7:24現在、円建てが21,995円、ドル建てが22,030円で日経平均日中値を上回っています。


今日の日経平均は、小反発で始まりそうです。

昨日は寄り付き前に、トランプ政権が中国に新たな追加関税の計画発表し、原油先物やCME、NYダウ先物も連動で下げ、日経平均が大きく下げました。

中国政府は下げ止まリムードを演出したくても、市場は混乱し上海総合は大幅に下げています。

欧州株式市場も大幅に下げています。

ドル円は米利上げ期待で株式から資金が流出したようで、ドルが買われ円が売られた結果、CMEは反発してきています。

世界的に金余りなので、しばらくすればまた資金が戻ってきそうです。(願

上げて落としたい筋は、追加売りか、買い戻しか悩みどころかもです。


メルカリはほぼ横ばいの4,470円での反落で引けました。寄り天で後場は引けにかけて下げ、日経平均に逆らう動きを見せています。

徐々に出来高が減ってきているので、デイトレも人気を株価とともに落ち着いてきたのかもです。


今日も頑張っていきましょう♪

この記事へのコメント