日経平均は様子見の動きになりそう

6月13日になりました。

12日、火曜日の日経平均は22,878.35円、+74.31円の小続伸です。

米朝首脳会談を材料に、乱高下したようです。

NYダウは25,320.73ドル、−1.58ドルのほぼ横ばいの反落です。

利上げ回数が注目される、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に取引が手控えられたようです。

高値が続くナスダックは史上最高値を更新し、小幅続伸しています。

ドル円は110円前半をもみ合っています。6:12現在、110.3円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが22,820円、ドル建てが22,860円で日経平均日中値を下回りました。


今日の日経平均は、小反落で始まりそうです。

米朝首脳会談の共同声明は、北朝鮮の非核化が完全ではない内容でした。

ソースはこちら
 ↓  ↓
http://www.sankei.com/world/news/180612/wor1806120159-n1.html

NYダウが売買材料にしなかったのもうなずけそうです。

決裂で空爆かもは避けられたので、防衛関連の豊和工業や石川製作所は売られています。


米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まっています。

3月以来、政策金利0.25%の引き上げで、年1.75~2.0%になりそうです。

米利上げで、新興国の資金が流出し金融危機問題も出てきそうです。

明日14日は欧州中央銀行(ECB)定例理事会、14、15日は日銀金融政策決定会合の結果もあり、日経平均は様子見の動きになりそうです。


今日も頑張っていきましょう♪

この記事へのコメント