今週の日経平均は反落で終わる

6月9日になりました。

8日、金曜日の日経平均は22,694.50円、−128.76円の小幅反落です。

前場中盤にプラスに転じた時間帯がありましたが、利益確定売り押されたようです。

NYダウは25,316.53ドル、+75.12ドルの小続伸です。

売り先行で寄り付きましたが、G7サミットの初日は大きな材料にはならなかったようです。

ナスダックは小反発です。

ドル円は109.2円台まで円高方向に推移した後切り返し、109.5円台で今週の取引を終えました。

CMEは円建てが22,645円、ドル建てが22,680円で今週の取引を終えています。


今週の日経平均は、23,000円付近まで上げながらも反落で終わりました。

SQで23,000円を阻止したい筋がガンバったようです。(笑

来週はG7サミットの結果や、米朝首脳会談、FOMC(米連邦公開市場委員会)があり、材料に振り回されそうです。

大きな調整もあるかもで、注意しておきたいです。


今週もお疲れ様でした♪

この記事へのコメント