日米首脳会談でドル円相場の動きに注意

4月17日になりました。

週明け、16日の日経平均は21,835.53円、+56.79円の小続伸でした。

シリア攻撃で売りの押されましたが、大きく下げていませんでした。

NYダウは24,573.04ドル、+212.90の反発です。

市場はシリア攻撃の警戒感が薄かったようです。

ナスダックも反発です。

ドル円はやや円高に推移してきました。6:29現在、107.1円台で取引されています。

CMEは5:59現在、円建てが21,800円、ドル建ては21,830円で日経平均日中値とほぼ同水準になりました。


今日の日経平均は、もみ合いで始まりそうです。

米国等のシリアへ攻撃は上値を押さえたようですが、大きく下げなかったところが市場の強さかもです。

MACDはゴールデンクロスが続いています。

調整が終わったのかもですが、生涯初心者にはよくわかりません。(笑

今日と明日の日米首脳会談で、ドル円相場が動くかもで注意したいです。


今日も頑張っていきましょう♪

この記事へのコメント