防衛関連銘柄が下げてきています

3月14日になりました。

13日の日経平均は21,968.10円、+144.07円の小幅続伸です。

前場はマイナス圏で推移しましたが、後場は上昇しています。

NYダウは25,007.03ドル、-171.58ドルの小幅続落です。

ティラーソン国務長官が解任され、米政権不安が売りの材料になったようです。

ナスダックは反落です。

ドル円は106円後半から前半へ、やや円高方向に推移しています。7:24現在、106.3円台で取引されています。

CMEは7:15現在、円建てが21,535.00円、ドル建ては21,585.00円で、日経平均日中値を大幅に下回っています。


今日の日経平均は、反落で始まりそうです。

昨日の後場は、森友文書、書き換え不安の警戒感が和らいだようです。

米国では国務長官が交代で、NYダウやナスダックが下げ、今日の日経平均は連動安になりそうです。

最近は週初めに上げ、週中に下げるパターンが多いよう、注意したいです。

北朝鮮がおとなしくしているので、防衛関連銘柄が下げてきています。

安くなっているときに仕込むのも良さそうです。


今日も頑張っていきましょう♪

この記事へのコメント