メジャーSQらしい、値動きの激しい1日で終わる

3月10日になりました。

9日の日経平均は21,469.20円、+101.13円の小幅続伸です。

前場は21,900円近くまで上げ、後場は一時、マイナス圏になっています。

NYダウは24,335.74ドル、5営業日ぶり、+440.53ドルの大幅続伸です。

好調な雇用統計の発表で、安心感が出たようです。

ナスダックも大幅続伸、欧州もほぼ上げています。

ドル円は106円後半まで円安方向に推移しています。6:17現在、106.8円台で取引されています。

CMEは大幅に上げています。6:06現在、円建て21,695.00円、ドル建ては21,760.00円で日経平均日中値を大きく上回って取引されています。


今週の日経平均は、続伸で終わりました。

昨日は、前場は米朝会談の報道で大きく上げ、後場は森友問題後に国税庁長官に就いた、佐川宣寿氏の辞任で大きく下げる、メジャーSQらしい値動きの激しい1日になりました。

調整相場が続けば20,000円まで下げる可能性もありますが、ここから上げてくると嬉しいです。(望


今週もお疲れ様でした♪

この記事へのコメント