ドル円が107円後半の円高方向へ、日経平均は小続落で始まりそう

2月14日になりました。

13日の日経平均は21,244.68円、-137.94円の小幅続落です。

大幅反発で寄り付きましたが、後場にドル円が円高方向に向かい連動、徐々に値を無くしました。

NYダウは24,640.45ドル、+39.18ドルの小続伸です。

マイナスで寄り付きましたが、後半に買い戻しが優勢になっています。

ナスダックも小幅続伸でした。

ドル円は一時107.5円台まで円高に進みました。6:42現在、107.7円台で取引されています。

CMEは6:35現在、円建てが21,210.00円、ドル建てが21,250.00円で、日経平均日中値とほぼ同水準になっています。


今日の日経平均は、小続落で始まりそうです。

欧州市場が下げる中、NY市場は買い戻しの動きがやや優勢になっています。

ドル円が円高方向に推移しているので、先物を使った大きな売り仕掛けが入れば、日経平均が直近安値、去年の9月の20,300円台までの調整も考えておきたいです。


今日も頑張っていきましょう♪

この記事へのコメント