日経平均は約21年ぶりの高値水準、21,000円の大台を超えるかも

10月12日になりました。

11日の日経平均は、20,881.27円、+57.76円の小続伸でした。

マイナス圏で寄り付きましたが、北朝鮮の軍事行動がなかったことで、売りの買い戻しで踏み上げたようです。

1996年12月以来、約21年ぶりの高値水準になっています(喜。

NYダウは、22,872.89ドル、+42.21ドルの小続伸、史上最高値を更新しています。

利益確定売りよりリスクオンを選んだようです。

ナスダックも、小続伸です。

ドル円は112円すぎまで円高方向に向かいましたが切り返しています。日本時間の6:19現在、112.4円台で取引されています。

CMEは日本時間の5:59現在、円建てが20,945円、ドル建てが20,985円で日経平均日中値を上回りました。


今日の日経平均は、小続伸で始まりそうです。

21,000円の大台を超えるかもです。

自公民の与党が衆議院選を過半数を取るのに、アベノミクスで株高は最も効果的な支援になりそうです。


ストップ高まで買われていた、防衛関連銘柄の豊和工業は利益確定売りで反落です。

北朝鮮リスクを材料にした相場は、これからもやってきそうです。


今日も頑張っていきましょう♪

この記事へのコメント